普段乗りからサーキット走行まで何でもできるヴィッツの中古相場を年代別に紹介!

2018年12月20日

普段乗りからサーキット走行まで何でもできるヴィッツの中古相場を年代別に紹介!

labelヴィッツ label中古車 label車購入

ヴィッツはトヨタ車のなかでも、上位の売れ筋を誇っています。普段乗りもサーキット走行も可能で、用途が豊富という点が人気の理由です。この記事ではヴィッツの中古車相場を年代別に紹介していきます。

1999年モデル

初代のモデルになります。初代モデルも何度か改良されてあり、アイドリングストップ機能が搭載されたり、オフセット衝突の安全パッケージが装備されたりしています。新車価格は113.4万円~194.3万円です。

一方の中古車相場は、21.9万円となっています。新車での購入とは大きな価格の差がありますね。やはり、だいぶ昔のモデルということもあり、中古車価格がとても安くなっています。

また、マイナーチェンジごとに中古車相場を見ていくと、1999年1月~1999年7月のものが19.8万円。1999年8月~2000年11月のものが17万円、2000年12月~2001年11月のものが19.7万円。2001年12月~2002年11月のものが19.3万円、2002年12月~2003年7月のものが25.6万円。2003年8月~2005年1月のものが23.7万円となっています。

新エンジンが搭載された2002年12月~2003年7月のモデルは、中古車相場も高額になっていますね。また、トランスミッションや駆動が変更された時も前のモデルよりも少し金額がアップしています。

2005年モデル

2005年は2代目です。プラットフォームが変更されていることで、サイズが一回り大きくなっています。衝突安全性能もアップし、燃費向上させるためのアイドリングストップ機能も搭載されています。リチウムイオンバッテリーを使用しており、 エアコンもオートエアコンとなっています。新車価格は105万円~221.6万円です。

中古車相場価格は31万円となっています。初代モデルよりもモデルが新しいので、中古車相場価格も少しアップしています。

マイナーチェンジは5回行われており、2005年2月~2005年11月のものは26.7万円。2005年12月~2007年7月のものは26.8万円、2007年8月~2008年8月のものは36.8万円。2008年9月~2009年7月のものは39万円、2009年8月~2010年11月のものは41.5万円の中古車相場となっています。

モデルが新しくなるにつれて、高額になっており、2007年8月の2回目のマイナーチェンジモデルは、10万円も価格が高くなっているのです。それは安全装備や快適装備が+されたためです。装備内容などによって、価格の変動もありえます。

2010年モデル

2010年モデルは3代目になります。低燃費と走行性能がアップしたモデルです。エンジンはダイハツとの共同開発で、室内サイズも広々としています。また、トヨタのカスタムブランドであるG’sモデルも登場し、専用装備や専用機能が搭載されているものもあります。2017年にはGR SPORTが登場し、ガソリン車かHYBRID車を選ぶことができ、スポーティーなかっこいい見た目と乗り心地も最高です。新車価格は106万円~400万円と幅広い金額設定がされています。

中古車相場はというと、88.1万円です。やはり、現行モデルはどのモデルよりも中古車相場は高めですね。マイナーチェンジは6回ほどしており、2010年12月~2012年4月のものは66.9万円。2012年5月~2014年3月のものは66.9万円、2014年4月~2015年5月のものは83.6万円。2015年6月~2016年12月のものは108.6万円、2017年1月~2018年4月のものは152.6万円。そして、現在のモデルである2018年5月のものは、150万円となっています。

安全装備が装着されたモデルは、中古車相場も10万円以上高くなり、G’sシリーズやGS SPORTモデルが人気のグレードは、中古車相場も100万円台となっています。現行モデルということもありますし、装備や機能が優れているため、中古車相場も高めとなっていると言えます。

まとめ

ヴィッツの中古車相場はモデルによって、大幅に違います。安いものを購入したい場合、古い年式のヴィッツを購入しましょう。現行モデルは中古車でも高めではありますが、カスタムがすでにされてあったりするのでオススメです。ぜひ参考にしてみてください。