エアロってどんな効果があるの?そんな疑問を解決します!

2018年12月16日

エアロってどんな効果があるの?そんな疑問を解決します!

labelエアロ

エアロを装着しようと考えている人は、カスタム目的の人が多いですよね。しかし、実はカスタム以外にもエアロには素晴らしい効果があるんです。この記事ではエアロの目的、F1のエアロについて解説していきます。

エアロは何のためにあるの?

エアロは装着することで様々な効果を発揮してくれます。では、主にどのような効果を発揮してくれるのか?を紹介していきます。

早く安定して走るために複雑な形をしている

エアロは空気抵抗を減らしてくれたり、安定した走行を実現してくれる役割があります。走行中は正面から風を受けることになります。その風はとても力の強いものです。

なので、走行中に正面からくる風を受け流してくれます。また、車体を路面に押し付けることで、空気抵抗を減らしてくれるので車体が安定するのです。これによって、安定した走行をすることができます。

カッコよく見せるために

空気抵抗を減らしてくれるというのもありますが、カスタム目的で装着する人が多いですよね。エアロを装着することで、他の車とは違う一台にすることもできますし、印象を変えることができます。普通であれば、可愛い車もスタイリッシュでかっこいい車にできたりもするのです。自分好みにカスタムし、オリジナルの一台を完成させることができます。

このようにエアロを装着するのは、目的があるためです。カスタムだけでなく、走行面でもメリットがあるのでエアロの装着はオススメです。

レーシングカーには必須アイテム!計算し尽くされたエアロ

上記なような空気抵抗を減らすというのは、通常の車ではあまり発揮されません。それは一般道では一定の速度しか出さないためです。しかし、レーシングカーとなれば話が違ってきます。レーシングカーはスピードを競う競技であり、エアロを装着することでカスタム効果だけでなく、空気抵抗を減らすことがができるのです。

F1のエアロはまるで芸術

特にF1で使用されるエアロは、芸術品と言っても過言ではありません。F1ではダウンフォースが重要になってきます。なので、エアロを何度も作り替えて、その車に合うような形にして、よりスピードの出せるマシーンを作成しています。F1で使用される車は、ほとんどのエアロが装備されているため、エアロパーツの塊車と言っても過言ではありません。

市販車ベースで作られたとは思えないGTカーのエアロ

GTカーというのは市販車がベースのレーシングマシーンです。そのため、搭載エンジンやレイアウトなどは変更されていません。しかし、唯一変更されている点があります。

それがGTカーのエアロです。左右のエアロパーツはカナード言います。レーシングマシーンで重要なダウンフォースを得るために、車体後方への空気渦を起こす役割があります。

さらにフェンダーは空気抵抗を考えて作られています。エンジンから伸びているエキゾーストはサイドに出ていますね。最も大きなダウンフォースを起こすリアエンドは、開発に開発を重ねたウイングが装備されているいるだけでなく、車体の下面の空気を跳ね上げてくれるディフューザーが特徴的です。

垂直方向のスプレッターも、空気の効率的な排出をしてくれています。リアフェンダーからバンパーに続くラインも、空気抵抗のことを考えてつけられています。これほどまでにダウンフォースのことを考えて作られてエアロは、市販車をベースにして作られたとは考えられないほどの最高技術のものです。

ラリーカーのエアロも負けてない!

ラリーカーのエアロも豪華になっています。ラリーカーには規定があり、車検に通過する範囲でのエアロ装着が義務付けられています。その中でも空気抵抗を減らすために考えられたエアロは素晴らしいものです。ベース車両の幅を超えるエアロも装着可能になりました。

左右からはみ出したフェンダーから、カナードへ繋がるようなデザインのものもあります。大きなリヤスポイラーとリヤディフューザーが存在感を主張し、リヤスポイラーの左右にはウイングレットが装着されています。それぞれのチームの想いとデザイン力が搭載された素晴らしいラリーカーです。

まとめ

エアロはカスタム以外に、空気抵抗を減らしてくれる役割があります。一般車ではカスタムの目的で装着することが主ですが、レーシングカーやラリーカーなどはカスタム目的よりも、空気抵抗を減らす目的として装着されています。ぜひ参考にしてみてください。

関連するカスタム解説記事一覧

新着のカスタム記事

すべての新着記事から探す >>