オートバックスのタイヤ組み替えの工賃はいくら?評判は?

2019年01月05日

オートバックスのタイヤ組み替えの工賃はいくら?評判は?

タイヤは命を左右する大切なパーツです。運転中にすり減ってしまうので、摩耗してくると交換が必要です。タイヤの組み替えは専用工具があるので、普通はお店に持ち込みます。今回は、北は北海道から南は沖縄まで店舗を構えているオートバックスでタイヤの組み替えをした場合、いくらかかるのかをご紹介します。

タイヤを変えるタイミングっていつ?

まずはタイヤを変えるタイミングについてご紹介します。タイヤは運転するたびにどんどん削れていきます。人によって交換するタイミングは異なるのですが、車検基準としてはスリップサインというものがあります。

この画像のように、タイヤが摩耗してくるとスリップサインが浮かび上がってきます。スリップサインが接地面と同じになるとタイヤの寿命です。この状態で運転すると雨の日にハンドルが効かなくなったり、水面を滑るハイドロプレーニング現象が起こりやすくなって大変危険です。このスリップサインが出る前に安全のために必ず交換してください。また、車検基準として溝の深さが1.6mm以下になると車検が通りません。スリップサインは車検基準でもありますので、整備不良となる前に交換しましょう。

また、タイヤはゴムなので製造された瞬間から劣化が進みます。消しゴムを考えてみると、硬い消しゴムと柔らかい消しゴムはどちらが消えるでしょうか。断然、柔らかい消しゴムですね。消しゴムと同じで、タイヤも柔らかい方がアスファルトに食い込み効きます。しかし、ゴムの劣化が進んでしまうとどんどん硬くなってしまいます。雨ざらしでの保管か室内保管かなど、保存状態にもよりますが、10年経ってしまうとすぐにでも交換したほうが良いでしょう。

硬い消しゴムがなかなか減らずに柔らかい消しゴムが削りカスが沢山出てすぐに減ってしまうように、柔らかいゴムのほうが減りが早いのです。このことから、あまり運転せずに放置していたタイヤなどは、溝はたくさんあるのに減りません。溝の残量のみに気を取られていると、いつの間にか全くアスファルトに食いつかないタイヤで走っていることになり危険です。溝の残量、製造年数を考えながらタイヤ交換のタイミングを考えましょう。また、経年劣化がさらに進むとひび割れが起きます。

上の画像はかなりひび割れが進んだ状態ですが、少しでもひび割れてしまったタイヤもすぐに交換することをお勧めします。激しいブレーキングなどを行うと、ゴムがブロックごと飛んでいってしまうことがあります。こうなると、欠けた部分は非常に薄くなりますので、石を踏んだ程度でパンクする可能性もあります。走行中にパンクしてしまうと、ハンドルを取られたりスリップしたりと危険な状態になります。また、交通量の多い道路や高速道路上だと修理するのも危険です。パンクやバーストが起こる前に交換してください。

タイヤは直接安全に関わる部品です。日頃から点検し、少し勿体無いかな?と思うくらいで交換してください。万が一が起こる前に交換する事が安全な運転に繋がります。タイヤに注意を払う習慣を身につけるのも良いですね。

オートバックスでのタイヤ組み替え工賃

では、実際にオートバックスでタイヤの組み替えを行なった際にかかる費用を確認しましょう。まず、組み替えにかかる料金です。スチール、アルミ1本 1080円〜1BOX、RV1本 1620円〜

こちらは最低料金となっており、タイヤサイズや扁平率によって工賃は上乗せされます。ちなみに、この費用にはバランス料金も含まれています。バランスとは、タイヤが均等に回るように重りをつけて調節するのです。タイヤを外した事がある方は、内側に重りが貼り付けてあるのを見た事があると思います。絶対に剥がさないでくださいね。バランスが崩れます。バランスが崩れると、走行中にタイヤがブレて回ります。高速になればなるほどブレるので、その振動がハンドルに伝わります。

また、接地面に関しても非常に不安定になることから、バランスの取れていないタイヤで高速道路を運転するのはとても危険です。接地感もないため、快適な運転にはなりません。ブレるハンドルを抑えようと余計な力が入り、長距離ドライブなどでは体力の消耗も激しくなります。タイヤ交換のたびにバランスは測った方が安全のためには良いです。

オートバックスでタイヤ組み替え:評判や口コミ紹介

愛車のタイヤを交換するとなれば、やはり評判は気になりますね。タイヤの組み替えで気になることは、ホイールのリムに傷がつくというトラブルが最も多いと思います。ホイールに傷がつくのは絶対に避けたいですよね。オートバックスが信頼できるお店であるかはとても重要な問題です。それでは、オートバックスの評判はどのようなものがあるか見ていきます。

このように、ピットの中での作業を撮影させてくれる場合もあるようです。中の様子を見る限り、不安に思うこともなさそうです。また、オートバックスへ行った際に感じる事が、従業員の方々が心底車好きであるということ。

愛車の作業を任せるということは、できれば車が好きな人に作業していただきたいですよね。最初は車が好きで仕事に就いた人でも、日々の忙しさから車が好きであるということを忘れてしまう方もいらっしゃいます。

だからこそ、「車が好きなんだな」と感じられる従業員が沢山いるお店に任せたいですよね。違法改造車は作業を断られてしまいますが、珍しい車や手を加えている車であれば従業員の方と話が弾むことも多いです。

そこで車のアドバイス等も受けられるので、行くだけで楽しくなるお店と言えます。こちらの方は、オートバックスでタイヤの組み替えをした際の動画を撮影していらっしゃいます。

流れとしては、このような感じですね。また、こちらではとても小さいタイヤの組み替えを行なっている動画です。

ご覧になるとわかりますが、やはりプロです。手さばきが全く違いますね。オートバックスは全国に広がるお店です。従業員の方々も沢山いらっしゃいます。もしかすると、自分とは合わない方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、様々な店舗を回るときっと自分と合う店員さんに巡り合うはずです。自分に合う店員さんと巡り会えば、新しいパーツが出た際などは裏話が聞けることもあります。まずは足を運んでみて、実際に相談に乗ってもらうこともお勧めです。

さらに、プロとアマチュアの差は作業量が圧倒的に違います。アマチュアがいくら道具を揃えても、タイヤの組み替えは数年に一度しか行いません。しかし、プロは年間何本もの組み替え作業を行なっているのです。

ピット作業のテクニックが高いと、正確で早いです。工賃をかけないように自分で行うのも良いかもしれませんが、愛車に傷がついてしまったり、場合によってはジャッキが倒れて車が落ちてくることもあります。

タイヤがついていない車が地面に設置すると故障する箇所が出ますし、場合によっては作業している人が大怪我してしまいます。やはり、プロにお任せするのが最も無難です。そして、ご紹介した通り良い口コミがたくさんあるお店ですので、是非行ってみてください!

タイヤの組み替えはためらわずに即交換!

新車で購入した車も、徐々に消耗品は出てくるものです。タイヤは車の中でも最も重要なパーツですので、まずはチェックを怠ることなく行なってください。そして、交換する時期になったらすぐにでも交換してください。

放置してしまうと命に関わる部品です。そして交換する際に、やはり全国に広がるオートバックスにお願いする事がお勧めです。店舗の多さはそれだけ行きやすいことにつながります。

片道1時間かけてショップへ持ち込むのも良いですが、気軽に寄れる店舗があることも大切です。オートバックスでタイヤの組み替えを行い、安心安全なドライブを楽しみましょう!