ガラコって何?取り扱い商品を紹介します!

2018年11月29日

ガラコって何?取り扱い商品を紹介します!

label labelガラス labelワイパー

カー用品店やホームセンターなどでよく目にする「ガラコ」。様々な種類が販売されていますが、その特性や商品の種類にはどのようなものがあるのでしょうか?ガラコについて徹底解説していきます!

ガラコって何?

ガラコはガラスコーティング剤です。洗車用品や補修グッズ、車内雑貨を取り扱う「ソフト99」の中の商品ブランドの一つです。ソフト99が扱うブランドには、ウエットシートで車体を拭くだけで手軽に洗車ができる「フクピカ」や車用の塗料スプレーやパテなどの傷の補修材料などを多数販売している「99工房」、女性に人気のナチュラルでかわいいハンドルカバーなどを販売する「ココトリコ」などのカー用品ブランドがあります。

その中の一つである「ガラコ」は雨の日の視界をよくしてくれるフロントガラスの撥水コートや、撥水コート成分を含んだワイパーなどをラインナップしたブランドであり、ソフト99の中でも主力の商品といえます。一言に「ガラコ」といっても、現在では様々な商品が販売されていますのでそれぞれの特徴などをご紹介していきましょう。

ガラコが取り扱っている商品

たくさんの種類があるガラコ。皆さん、どの商品であっても「ガラコ」と呼んでしまうので、どれほどの種類があるのか想像がつく方は多くないでしょう。現在販売されている商品には、以下のようなタイプ別に分類されます。

  1. 塗り込みタイプ
  2. ウォッシャータイプ
  3. スプレータイプ
  4. クリーナータイプ
  5. ミラータイプ
  6. 油膜取りタイプ
  7. ワイパータイプ
  8. 解氷タイプ

おそらく多くの方が「ガラコ」と聞いて想像するのは塗り込みタイプではないでしょうか。これら8つのタイプの中にそれぞれ2~8商品ほどのラインナップがあり、ガラコの製品は25種類ほどにもなります。

1. 塗り込みタイプ

最も人気でオーソドックスな塗り込みタイプは8種類販売されています。

  1. ガラコBRAVE
  2. 激速ガラコ
  3. ガラコQ
  4. ぬりぬりガラコ ハヤデキ
  5. ぬりぬりガラコ デカ丸
  6. ぬりぬりガラコ ちょい長
  7. 超ガラコ
  8. 超ガラコちょい長

種類別に各商品をご紹介します。

ガラコBRAVE

ガラコBRAVEは、ガラスだけでなく透明樹脂にも使用できることを長所とした商品です。今までガラコの商品はガラス面を対象としていましたが、BRAVEでは透明樹脂にも強力な撥水コーティングを施すことができます。

透明樹脂にあたる部分はヘッドライトやテールランプのレンズ、ドアバイザー、バックカメラなどです。ガラス面と違い曲面が多いライトレンズなどにもムラなく塗布できるよう、ヘッド部分を可動式にしてありとても塗りやすくなっています。車はもちろん、バイクのライトレンズやスクリーン、ヘルメットのシールドやゴーグルなどにも使用できるのでバイク乗りの方にもおすすめですよ。

激速ガラコ

激速ガラコは拭き取りや乾燥が不要な超簡単施工です。付属のシートにコート液をつけてガラス面に塗り込むだけなので、面倒な手順はなく面倒くさがりさんでも簡単に撥水コーティングができます。効果の持続期間も約6か月と長持ちなので、年に2~3回だけコート剤を塗ればOKです。

フッ素系コーティング剤よりも大きな水玉を作らせる撥水コートなので、水玉が風圧を受けやすく、走行中に受ける風だけでも水が飛んでいきやすくなっています。効果がわかりやすく、気持ち良く水を飛ばしてくれるので雨の日のドライブも楽しくなるでしょう。

ガラコQ

クリーナー成分を配合し、油膜を落としながら撥水コートができるので作業時間が短縮できます。パソコンのマウスのような形で一度に広い面積を施工でき、先が細くなっているので細かい部分や角まできっちりコーティングすることができます。塗り込んで乾燥させ、白くなったら固く絞った濡れタオルでふき取るだけなので、洗車の合間に施工できてらくちんです。

ぬりぬりガラコ

ハヤデキ、デカ丸、ちょい長の3つの種類を販売しているぬりぬりガラコ。ガラコの基本的なタイプです。スティック状になったハヤデキ、大容量のデカ丸、ガラス面の大きい車体にも使いやすい持ち手が長めになったちょい長の3種類で、ご自身の愛車に合わせて選ぶことができます。軽く洗車をして砂などの汚れを落とし、ガラコを塗り込んで乾燥したら乾いたタオルでふき取ります。

ハヤデキはこの乾燥時間が不要で、ガラコを塗ったらその場で拭き取りをしてOKなので、時間がない方もすぐに使うことができます。ガラス面の大きいミニバンやSUVなどは、メインはデカ丸で手の届きにくい中央部分はちょい長を使うといった合わせ技でムラなく施工できますよ。

超ガラコ

ぬりぬりガラコの約6倍の耐久性をもつ超ガラコ。フッ素を配合することによって持続性を向上させています。通常のスティックタイプと、フロントガラスのセンターなどに塗りやすいちょい長の2種類があるので、両方を組み合わせて施工するとムラなく仕上がります。耐久性が上がったことにより、持続期間は約1年!年に1度のスペシャルケアとして導入してみてはいかがでしょうか。

2. ウォッシャータイプ

ウォッシャータイプは3種類をラインナップしています。

ガラコウォッシャーパウチパック 2L

ベーシックなガラコのウォッシャー液です。ガラス面の洗浄と撥水コートを同時にこなします。

ガラコウォッシャー強力洗浄 750ml

洗浄能力を高めたタイプ。虫や鳥の糞などのガラス面の不快な汚れもしっかり落とします。

オールシーズンガラコウォッシャー 2L

原液の不凍温度は-40℃。寒冷地でも凍らずに使用でき、雪の固着も防いでくれます。愛車のウォッシャー液のタンクにガラコを入れるだけで、ウォッシャー液を使うたびにガラスが撥水コートされていきます。

洗車の時に塗ったり拭いたりするのはどうしても面倒、洗車は洗車機がメイン、洗車にかける時間が惜しいという方はウォッシャー液をガラコに変えてワイパー任せの撥水コートをしてみましょう。

3. スプレータイプ

とにかく即効性重視、雨が降ってから焦るタイプという方におすすめです。

4. クリーナータイプ

クリーナータイプは3種類。ガラスの洗浄とコーティングが同時にできる一石二鳥のアイテムです。ボディとは別に、ガラス専用でクリーナー&コート剤が欲しいという方は試してみてくださいね。

5. ミラータイプ

雨の日に意外と水滴で見にくくなってしまうのがドアミラー。フロントガラスほど注視しないために水垢がついていたり、曇っていたりという方も少なくないのではないでしょうか?そんなドアミラー専用のガラコがガラコミラーコートZERO。ナノレベルの超微細な連続突起を作り出すことで、水滴をミラーに残さない撥水効果を発揮します。ガラコでガラス面の視界を確保したらミラーの視界確保もしておきましょう。

6. 油膜取りタイプ

油膜取りはガラス面のコンパウンド・下地処理の役目を果たします。ガラコの撥水効果を高め、持続性をよくするためにも時間があるときには取り入れておきたい工程です。頑固な油膜や古いコーティング層を除去するガラスのコンパウンド剤、ガラコぬりぬりコンパウンドは時間を取れるときに取り入れてみましょう。ガラス面がコンパウンド液をはじかなくなるまで塗り込み、水で洗い流すことでガラス面を素の状態に戻してくれます。

車のワックスやコーティングと同じで、古く劣化したワックス・コーティング層は、新たな汚れを呼びよせる汚れの元凶になってしまいます。そのような劣化したコーティング・油汚れをしっかりと落とすことで新しいコーティングが真価を発揮してくれるのです。

できればササっと終わらせたいなという方には、シートタイプのガラココンパウンドクロスがおすすめ。クロスの場合は拭くだけなので簡単に施工できるので時間のないときなどでも活用できます。

7. ワイパータイプ

ぬりぬりガラコの次に商品数の多いワイパー。大きく分けると2種類に分類されます。コーティングと併せて使いたいアイテムです。ワイパーゴムの交換目安は約1年ですので、そろそろかな?という方は参考にしてみてくださいね。

ガラコワイパー パワー撥水シリーズ

パワー撥水シリーズはワイパーゴムの表面にガラコの成分とポリマーコーティング成分を配合しています。取り付けて乾いたままの状態で5分前後乾拭きさせることでガラス表面に撥水性分を塗り込み、効果を発揮します。

ブレードは純正タイプ、エアロタイプ、エアロスムースタイプがあり、撥水性能だけでなくワイパーの安定した動きやドレスアップ面でも効果があります。ビビりを抑え、ダウンフォースによってワイパー圧のかかりやすい形状に設計されたエアロワイパーは見た目のスタイリッシュさだけでなくワイパーの性能も向上させているんですよ。

ガラコワイパー グラファイト超視界

ワイパーゴムの表面にグラファイト加工を施し、ガラス面への摩擦を抑えたシリーズです。ガラスとの摩擦抵抗が抑えられているので、ビビりや不快な音が起こりにくくスムーズな動きをしてくれます。ガラス面のコーティングは自分でこだわりのコーティング剤で行いたいという方や、ワイパー作動時の音が気になるという方におすすめです。

8. 解氷タイプ

ガラス表面の雪や氷を溶かしながらもガラス面へ撥水加工をしてくれるガラコの解氷剤。種類は2種類あります。解氷ガラコ ダブルエッジは凍ったガラスにスプレーすることで、氷や雪を溶かし撥水加工も施します。氷をかき落とすことができるキャップも付属しているので、冬場冷え込む地域では活躍することでしょう。

解氷ガラコ ダブルエッジは凍ったガラスにスプレーすることで、氷や雪を溶かし撥水加工も施します。氷をかき落とすことができるキャップも付属しているので、冬場冷え込む地域では活躍することでしょう。

解氷ガラコ トリガーは―40℃でも凍らない液剤で氷を解かすとともに、水はじき被膜を形成して再凍結を防ぎます。深夜早朝に車通勤をされている方は持っておくと安心ですね。

まとめ

悪天候時も安全で快適な視界を守るために、様々な商品が販売されているガラコ製品。ライフスタイルに応じて豊富な商品から取り入れやすいものを選ぶことができるのもガラコの強みです。雨の日は道も混むしなんだか憂鬱なドライブになってしまうという方は多いと思います。ガラコを塗った撥水ガラスで水滴も暗い気分も吹き飛ばしていきましょう!