安い中古車には必ず理由がある!中古車選びのチェックポイントまとめ

2018年10月14日

安い中古車には必ず理由がある!中古車選びのチェックポイントまとめ

label中古車

市場に多く出回る格安の中古車!クルマはできるかぎり安く手に入れたいものですね!こちらでは「格安中古車」のチェックポイント、注意点をご紹介しています!

オトクに見える中古車、ここに注意!【走行距離】

一概に走行距離が多い車は危険、といった訳ではありませんがまったく整備されていない車は注意が必要です。

走行距離が多い車 特有の注意点は

  1. タイミングベルトの交換:過走行車の場合、タイミングベルトが交換されているかどうか確認する必要があります。
  2. バッテリーの劣化:過走行車だけに限った事ではありませんが、 経年車、過走行車はバッテリーが弱っている傾向にあります。市販のバッテリーテスターなどで定格電圧が流れているか計測すると良いでしょう。
  3. エンジン、ミッション等、マウントの劣化:過走行車は、ゴムで作られたマウントが経年劣化している可能性があります。マウントが劣化すると、異音や振動の元になります。試乗をして振動がないか確認してみましょう。
  4. タイヤの劣化:タイヤの残り溝、ヒビ割れの有無、空気圧などをチェックしましょう空気圧計は、ホームセンターや大手通販サイト等でも比較的安価に販売されています。
  5. オイルの劣化:オイルレベルゲージを引き抜いてみて、オイルの汚れ量などをチェックしてオイル上がりや下がりがないか確認しましょう。基本的に中古購入した車は全て、購入直後にオイル、エレメント交換をしておくと安全です。

市場に出回る車の中にはオイル交換もされていなかった「乗りっぱなし車両」と呼ばれる車両もあり、こういった車は購入後にお金がかかってしまう可能性が高いです。

ディーラーまたは整備工場などで整備をされた「整備記録簿」が付属された車を購入しましょう。

オトクに見える中古車、ここに注意!【修復歴】

続いて、修復歴についての注意点です。すべての事故車が重度の修復をしているとは限りませんが、冠水車(水没車)や、フレームまで歪み、真っすぐ走らない車である可能性もあります。

なるべく修復歴アリの車は避けるようにして、また、修復がある場合でも、軽微なものであれば、中古車販売店の判断で「修復歴なし」と表記されているものも多いです。

修復歴の有無を確かめる方法は以下の通りです。

  1. 不自然な塗装:修復車は修復した場所だけ塗装が濃かったり薄かったり、微妙な違和感が全体に出ることがあります。
  2. 不自然なボルト:各ボディパネルやドアパネルを留めているボルトがほかのボルトと比べて新しかったり、外された痕跡があるものは修復をしている可能性が高いです。
  3. ボディパネルのチリ:修復車はドアやボンネットなど、ボディパネルの隙間である“チリ”が合っていない場合があります。

事故車には、見た目だけ修理した“安上げ車”や、しっかり仕上げたものまで千差万別にあります。最終的には"試乗"をして、走行に問題ないか判断し、決めましょう。

オトクに見える中古車、ここに注意!【現状渡し】

安い中古車販売店に多いのが「現状渡し」という車両契約条件です。車を整備せず、"現状"で譲渡する代わりに、安く購入できる場合があります。

車に詳しい方、自分である程度整備ができる方にとっては「現状渡し」は安く購入できるメリットもあり、とても良いと思うのですが、車にあまり詳しくない方にとってはトラブルの元になってしまうことも多く、おすすめしません。

販売店の整備保証付きの車両を購入することが無難です。現状渡しで譲渡される場合の主な注意する箇所はこちらです。

  1. オイルの汚れ&量
  2. バッテリーの電圧
  3. タイヤの残り溝・空気圧・ヒビ
  4. 各部、異音や振動のチェック

現状渡し
引用元:http://www.powerful-office.com
現状渡しのイメージ

まとめ

中古車市場の世界は、程度の良い車と程度の悪い車が混在した「玉石混同」の状態です。

良い車を手にするためには、必ず販売店に出向き、自分でエアコンやパワーウィンドウなど各部のスイッチを押すなどして動作確認をし、車が真っすぐ走るか、異音や振動をチェックできる“試乗”を行ってください。

最後に、これは筆者の考えですが、車を購入するときに、一番後悔をしない方法は「どれだけ その車が気に入ったか」という"愛"だと思います。

自分で探した車が気に入れば、もしその車が故障をしたときも車への愛の力で、コストをかけて修理することができます。

ペットの"愛犬"と同じように、クルマには"愛車"という言葉があります。どうかご自身で選んだ"愛車"を大切にしてあげて、素敵なカーライフをお送りください。

中古車販売店
引用元:https://newcars.jp
中古車販売店のイメージ