アルファードのイチオシグレード!3代目アルファードのXを徹底紹介!

2018年10月16日 (更新:2018年10月16日)

アルファードのイチオシグレード!3代目アルファードのXを徹底紹介!

labelアルファード labelホイール

アルファードは大型クラスのミニバンとして人気なのは周知の事実ですが、2015年フルモデルチェンジを遂げた3代目アルファードはミニバンと言うよりも移動するリビングのような高級車に生まれ変わりました。大型で高級感が高く重厚な車ですが上位グレードには3.5L V6エンジン 最高出力301psものパワフルなエンジンを搭載するので一般車には負けない高速走行性能を持ちます。内装も高級感タップリで二列目にはキャプテンシートを一部グレードに標準装備する等、まさに移動するリビングです。

アルファードってこんな車

アルファードは大型クラスのミニバンとして人気なのは周知の事実ですが、2015年フルモデルチェンジを遂げた3代目アルファードはミニバンと言うよりも移動するリビングのような高級車に生まれ変わりました。

大型で高級感が高く重厚な車ですが上位グレードには3.5L V6エンジン 最高出力301psものパワフルなエンジンを搭載するので一般車には負けない高速走行性能を持ちます。

内装も高級感タップリで二列目にはキャプテンシートを一部グレードに標準装備する等、まさに移動するリビング。

アルファードには色々なグレードがある!

2018年10月時点のグレード情報

  • Executive Lounge 最上位グレードでシート素材にはプレミアムナッパ本革が使われており二列目シートにはエグゼクティブラウンジシートを装着、ヘッドライトは3眼LEDと人気の流れるウィンカーシーケンシャルターンランプ(フロント&リヤ)標準。
  • GF / SC(エアロタイプ) 3.5Lガソリン車 シート素材は本革。
  • G"F Package" / SR “C Package”(エアロタイプ) 2.5Lハイブリッド車 シート素材は本革
  • G 2.5Lガソリンまたは2.5Lハイブリッド車の設定がある標準ボディタイプのミドルクラスグレードでシート素材は合革。
  • SR / S”A Package” 2.5Lガソリンまたは2.5Lハイブリッド車の設定があるエアロタイプ、シート素材は合革
  • S 2.5Lガソリンまたは2.5Lハイブリッド車の設定がありエアロタイプ。このグレードからシート素材がファブリックとなります。
  • X アルファードベースグレード 2.5Lガソリンまたは2.5Lハイブリッド車の設定があり標準ボディでホイールサイズが一番小さい16インチ。

その他の違いとしては

  • パワートレインは2.5Lガソリン・2.5Lガソリン+モーターのハイブリッド・3.5Lガソリン車の3ラインナップ。
  • アルファードの外観は大きく分けて標準とエアロボディ二種類あり、エアロボディはメッキモールが付いたサイドマッドガードとエアロ専用フロント&リヤバンパーを標準装備。
  • 内装では8人乗り(Xグレードのみ)には二列目にベンチシートとなり、7人乗りは独立したキャプテンシート。
  • ガソリン車のエアロタイプには全てのグレードで18インチサイズのアルミホイールが標準装備(Executive Lounge除く)

アルファードで「X」がおすすめな理由!

アルファードは基本的にカスタムするオーナーが多く、先日見学に行ってきたスーパーカーニバル2018ではカスタムされた多くのアルファードが展示されており、沢山の観客を集めていました。

カスタムパーツ類が豊富なアルファードならではの問題で、せっかく18インチアルミホイール標準装備のエアロタイプを買ったが、サードパーティ製のアルミやエアロを取り付けるとなると純正パーツは結局不要になってしまいます。

Xグレードなら16インチアルミホイールに大型ハイグレードセンターコンソールボックスも無く販売価格も3,354,480円〜と値引きを頑張ればアルミホイールやエアロパーツ代金を捻出できますし非常におすすめです。

最後に

アルファードは人気車種なので沢山のホイールはもちろんエアロバンパーにヘッドライトやリヤコンビネーションランプまで沢山のサードパーティメーカーから発売されています。

交換したいと思うパーツが有るならSNSを活用して写真を参考にしたり疑問に思う所は質問し、理想のアルファードに仕上げてくださいね。