フォレスターとはどんな車?タイヤを長持ちさせる方法・おすすめタイヤ

2018年07月11日

フォレスターとはどんな車?タイヤを長持ちさせる方法・おすすめタイヤ

labelフォレスター labelタイヤ

フォレスターの特徴

スバルのクロスオーバーSUV

フォレスターの特徴の1つに、クロスオーバー車であることが挙げられます。簡単に言えば悪路でも安全に走行できるための技術です。日本は基本的に道路がしっかりと舗装されているので、世界的に見ても安全性が高いと言えるでしょう。しかし、大雨や大雪などによって、道が悪くなってしまうこともあります。中にはきちんと舗装されていない道も存在しているので、このようなところでも安全に走れるのは重要なことでしょう。

雨や雪などで道が滑りやすくなってくれば、スリップ事故も増えてくるので、悪路であっても安全に走れるように製造することは大切なのです。また、車高が若干高めになっているのが一般的なので、視認性が高くなります。車内の空間が広く取れるというのもメリットでしょう。

重心が低いので走行が安定している

フォレスターは他の車に比べて運転しやすいと言われているのですが、その理由は走行が安定していることにあります。走行が安定しているということは、滑りやすい悪路であっても安全に走りやすいということです。

ドライバーをサポートしてくれるX-MODE

最近よく耳にするX-MODEですが、これはタイヤの空転を防ぐために搭載されている技術です。泥まみれの道路にできた水たまりや、凍結した道路などでよく見かける空転ですが、なかなか抜け出せなくて焦ってしまう経験をした人もいるでしょう。しかも後方から車が来れば、より焦ってしまいます。このような状態でもX-MODEが搭載されていれば、エンジンやトランスミッションなどが総合制御され、適切にコントロールされるのです。

タイヤを長持ちさせる方法

ローテーションを行う

タイヤを定期的にローテーションさせることで、タイヤの内側・外側をバランスよく使うことができ、結果としてタイヤを長持ちさせることができます。ローテーションはDIYでも可能ですが、道具を用意するのが大変なため、タイヤ業者で頼むのをおすすめします。その際、バランス調整も定期的に実施しましょう。

空気圧のチェックを定期的に行う

タイヤを少しでも長持ちさせたいのであれば、空気圧のチェックは必ず行う必要があるでしょう。空気圧は高すぎるとパンクの原因や衝撃を吸収しにくくなりますし、低すぎると安定感がなくなり、車体への衝撃を吸収できなくなります。よって適切な空気圧を維持することで、タイヤをより長く使うことができるのです。定期的にチェックをしておくようにしましょう。

フォレスターにおすすめのタイヤ3選

スバルフォレスターに使用するタイヤの中で、いくつかおすすめの物が存在しています。特におすすめの3種類のタイヤを見ていきましょう。フォレスターに乗っている人は参考にしてみてください。

GOODYEAR(グッドイヤー) サマータイヤ EAGLE REVSPEC RS-02 245/40R18 93W

ヨコハマ(YOKOHAMA) 低燃費タイヤ BluEarth-A AE50 235/50R18 97W

ダンロップ(DUNLOP) サマータイヤ ENASAVE RV504 225/55R18 98V

まとめ

いかがでしたか?フォレスターはスバルでは珍しいSUVの車。走り好きの方におすすめのSUV車の一つです。フォレスターにおすすめのタイヤ、ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連するカスタム解説記事

新着のカスタム記事

すべての新着記事から探す >>