メーカー別人気のスタッドレスタイヤと選び方!

2018年06月20日

メーカー別人気のスタッドレスタイヤと選び方!

labelタイヤ

スタッドレスタイヤとはどんなタイヤ?

スタッドレスタイヤは雪道に対応した機能を備えたタイヤで北部の地域で多く使用されています。積雪がある地域では、夏タイヤ、冬タイヤと表現されることがあります。雪面でも走行時にスリップ防止の効果があります。スパイク(スタッド)のないタイヤという意味から「スタッドレス」という表現が使われています。日本では一部の地域を除き、現在はスタッドレスタイヤしか使用できなくなりました。

各メーカーで性能や基本的な仕様は異なりますが、全体的に深い溝と、ザイフと呼ばれる細かい溝、低音でも対応できるコンパウンドという性能が装備されています。完全に冬道を走行するための装備が整っています。スタッドレスタイヤは、通常のタイヤよりも雪道の走行時の滑り止め効果などで高い効果を期待することができますが、完全にそのスリップを防ぐものではありません。スタッドレスタイヤは、スリップを予防する効果がある性能を随所に施されているため、冬の路面での走行を助ける機能が施されています。各メーカーでも性能が違うため、購入前に確認するとよいでしょう。

スタッドレスタイヤについての基礎知識

スタッドレスタイヤを使用するときには適切な空気圧や交換時期、使用年数や劣化による寿命、保管方法に注意しましょう。不十分な環境で放置してしまうと、予想以上にタイヤの痛みが激しくなってしまい、買い替えなければならないなど十分に能力を発揮できない結果になってしまいます。ゴムの痛みなどもチェックし、十分に効果が発揮する状態であるか確認するとよいでしょう。

また、保管方法に関しても、夏の時期に直射日光や明らかに温度が高温になる場所に放置してしまうと、ゴムの劣化につながってしまいます。価格は通常のタイヤよりもやや割高に設定されていますので、大切に保管し、長く使えるようにしましょう。スタッドレスタイヤは通常のゴムのタイヤとは違い、低温状態でもゴムの弾力が失われないように工夫をされています。この性能はゴムが劣化してしまうと失われてしまい、十分にスリップ予防ができなくなってしまうため、注意してください。

スタッドレスタイヤの適正空気圧とは?

スタッドレスタイヤの適正空気圧は、夏に使用されるタイヤと同様で問題ありません。基準については、自動車ごとに違い、確認が必要です。運転席の扉の内側にタイヤの空気圧を示すシールがありますので、スタッドレスタイヤの空気圧はどの程度になるか確認してましょう。ガソリンスタンドで無料で確認できるサービスを行っている場所もあります。空気圧は適切に管理しないと、予想外のところでパンクする危険があります。特に冬道は氷雪がとがっているため、タイヤの空気圧が少ないと破損の原因となる可能性があります。

前輪、後輪で指定の空気圧が違う場合があります。表記はkpa(キロパスカル)と表記されています。暖かい屋内で空気を入れた場合、外が寒いと空気はしぼむ性質があるため、結果的に空気圧が低くなってしまうことがあります。屋内の整備工場でタイヤ交換、空気を入れてもらった場合には少し高めに入れてもらうほうがよい、ということになります。また、屋内の温暖な車庫で冬に停車させるなら、外出時との寒暖差が大きいため、タイヤ内の空気の膨張率も高くなるため、劣化したタイヤだと空気が抜けやすくなる原因となるため、空気圧はよく確認してください。

スタッドレスタイヤの交換時期と寿命

スタッドレスタイヤの交換時期と寿命については、溝と使用年数のおおよそ二つから確認することができます。溝に関しては、「プラットフォーム」と呼ばれる四角形のブロック用のゴムが溝の中に複数埋め込まれており、プラットフォームが露出して溝が半分以下になると、スタッドレスタイヤの交換時期とされています。ただし、通常の夏季に使用するタイヤとしては、別途スリップサインが設けられているため確認してください。

寿命はゴムの劣化で側面部にひびわれが見られるようになると、溝の深さに関係なく、交換の時期にさしかかります。この段階になると、スタッドレスタイヤは早い段階で交換しなければなりません。走行するときのバーストなどの原因になってしまいます。また、ゴムが劣化すると、弾力性が失われ、十分な効果を発揮せずスリップの原因になってしまうことがあります。寿命については、ガソリンスタンドや整備工場などで定期的に確認してもらうと良いでしょう。

スタッドレスタイヤの保管方法は?

スタッドレスタイヤは夏の期間は使用しないため、車庫や駐車場などに保管される方がいます。しかし、直射日光が当たる場所はゴムの劣化の原因になるため、決しておすすめできる方法ではありません。同様に雨が当たる場所に長期間放置することも、劣化の原因になるため避けるほうがよいでしょう。このほか、車庫の中だとしても寒暖さがあまりに激しいことはあまり望ましくありません。

しっかりと保管してくれる専門の業者に預かってもらう、などが理想的です。風通しがよく直射日光に当たらない場所に保管することが望ましいです。ビニール袋やカバーなどでタイヤを守ると、寿命の長持ちにつながります。汚れを取り除き、よく乾燥させたらビニール袋を使って専用のカバーをかける方法が、よい場所に保管して長持ちさせる秘訣です。高温多湿となる環境は避け、なるべく風通しのよいところで外気にふれない場所を確保するのがよいでしょう。

スタッドレスタイヤの選び方

スタッドレスタイヤはメーカーから幅広い種類が販売されており、価格も性能、耐久性なども違います。各メーカーから販売されているタイヤの性能や機能性、価格などを比較して、自分の車に合ったスタッドレスタイヤを選ぶとよいでしょう。金額だけで選ばず、どの程度の耐久年数で、価格とのバランスや今後、どのように冬の間、車を使っていくのか、なども踏まえて考えておくとよいでしょう。

選び方に関しては、性能を重視するか、コストパフォーマンスから選ぶかなど、人によって選び方の基準も違います。また、メーカーによって過去の実験のデータや、機能性について公開しています。これらの情報を参考にして、どの点を重視して、雪道走行でスリップ防止や安定走行をしたいのか、ということを踏まえて検討をされることが良いでしょう。

メーカー別スタッドレスタイヤおすすめ商品

メーカー別でスタッドレスタイヤの開発が進んでおり、様々な性能の違いがあります。独自のタイヤを各メーカーで開発しており、スリップ防止の機能や、溝の構造、すべりどめ機能などに違いがあります。ぜひ、各社のスタッドレスタイヤを比較して、予算や希望する性能に合ったメーカーのスタッドレスタイヤを選ぶとよいでしょう。

ブリジストン BLIZZAK REVO GZ

ダンロップ WINTERMAXX 155/65R14

YOKOHAMA 195/65R15 iceGUARD 5 Plus iG50 91Q

TOYO ガリット G5 185/65R15 88Q スタッドレスタイヤ

ピレリ ICE ASIMMETRICO 205/55R16 91Q

ピレリ ICE ASIMMETRICO 205/55R16 91Q

PIRELLI(ピレリ) スタッドレスタイヤ ICE ASIMMETRICO 205/55R16 91Q<img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=cartune-22&l=am2&o=9&a=B00OIC8WP6" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />

ピレリの「ICE ASIMMETRICO 205/55R16 91Q」は日本の積雪がある地帯全般の冬の走行で安定した運転ができるよう設計された自信作です。ユーザーからも安定性には高い評価があります。価格は1本あたり約1万円前後となっています。コンパウンドに特殊な加工をすることにより、タイヤの寿命まで性能を安定して使えることもファンに人気がある点です。性能が持続することや、冬道でもぶれない走行を目指す方におすすめになっています。

エッジ部には路面との密着性を高めることで雪道でのカーブのときのスリップを防止するよう設計されています。業務で雪道の中、遠方に行くことがある方にとっておすすめの性能となっています。走行もぶれず、安定して走ることができる、高性能の機能を複数搭載していますので、雪道に慣れていない初心者の方にも使いやすいタイヤとなっています。

グッドイヤー  ICE NAVI7 155/65R14 75Q

グッドイヤー  ICE NAVI7 155/65R14 75Q

GOODYEAR(グッドイヤー) ICE NAVI7 155/65R14 75Qスタッドレス 05539620 05539620<img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=cartune-22&l=am2&o=9&a=B075XMB8XD" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />

グッドイヤーの「ICE NAVI7 155/65R14 75Q」は安定した走行を実現するために、氷上、積雪でのグリップ、コーナリングをより快適に走行できるよう技術を結集された商品です。金額は1本あたり5千円前後です。タイヤの素材のゴムは低温でも固くなりにくい素材を使っており、安定してカーブなど曲がることができることで、運転面を力強くサポートしています。走行面でスリップや雪道で安定した走行を実現することができます。

またタイヤのデザインはしっかりと雪道に安定して走行できるように工夫されているため、走行中の急なスリップなどが発生しにくい仕様となっています。また、タイヤの溝にはスリップとなるハイドロブレーニングを抑制する設計となっています。磨耗率が高いドライの路面においても材質とデザインパターンを工夫することにより、タイヤの寿命を長持ちさせるように設計されています。

MICHELIN X-ICE XI3 225/45R17 94H XL

コンチネンタル 215/70R16 100T TL FR

まとめ

スタッドレスタイヤの性能は雪道などの低温な路面でのスリップ防止と安定性を兼ね備えたことが目的ですが、国内で販売されている各メーカーで価格や耐久性などこだわりも違います。コストパフォーマンスや凍結路面でどのような点に注意したいのか、などを考えて各メーカーの特徴を考えて選ぶようにすることをおすすめいたします。

関連するカスタム解説記事

新着のカスタム記事

すべての新着記事から探す >>