CARTUNEユーザーのシビックカスタム!ホイールカスタムやマフラー、ステアリング交換などを紹介!

2018年02月02日 (更新:2018年11月26日)

CARTUNEユーザーのシビックカスタム!ホイールカスタムやマフラー、ステアリング交換などを紹介!

labelシビック labelマフラー labelホイール labelステアリング

シビックといえばホンダの代表的な車ですよね。そんなシビックは世界中で愛用されています。また走行性能が高く、パーツもいろいろ出回っているため、カスタムベースとしても愛用されているシビック。そんなシビックをCARTUNEユーザーはどのようにカスタマイズしているのでしょうか。今回はシビック(タイプRは除く)のホイールカスタムやマフラー、ステアリング交換を紹介していきます。

シビックってこんな車

初代シビックが登場したのは1972年。それ以来、ホンダは途切れることなくシビックを世に送り出しています。シビックをカスタムベースとして名をしらしめたのは「ワンダーシビック」「グランドシビック」の登場があったからではないでしょうか。ZC型DOHCエンジンを搭載したワンダーシビックは全日本ツーリングカー選手権等にも出場し、シビックが戦える車だということを証明しました。またグランドシビックからはホンダの技術の結晶、可変バルブタイミングシステム「VTEC」エンジンを採用し、小さい車体ながら160psというエンジンパワーを手に入れます。

そんなシビックはEK型から、ノーマル状態のものをさらにチューンした「タイプR」モデルが登場します。しかしここではタイプRについては取り扱いません。

シビックのホイールカスタム例

シロクマおっさんさんのホンダ シビック EG6 SiR

引用元:CARTUNE
シロクマおっさんさんのホンダ シビック EG6 SiR

ワタナベのRS8 16インチ。

フロント8J リヤ7J 現在廃盤サイズ。

ヤフオクで一目惚れして、頑張って落札。

やっぱり深いリムが渋いですねぇ。

きれいなホイールですね。旧RS8(3ピース)のデザインを2ピースで再現しています。ホイールカラーは6種類あるようです。詳しくはWatanabeのホームページからご覧ください。

しんちゃん@マジキチアイランドさんのホンダ シビック EJ7 シビッククーペ

引用元:CARTUNE
しんちゃん@マジキチアイランドさんのホンダ シビック EJ7 シビッククーペ

リーガマスターのホイールを装着しているシビッククーペ。シビックはハッチバックというイメージが強いですが、クーペ型のシビックも新鮮でかっこよいですね。車高を下げ、キャンパーをつけているシビックにリーガマスターのホイールがよく似合っています。

シビックのマフラーカスタム例

シロクマおっさんさんのホンダ シビック EG6 SiR

引用元:CARTUNE
シロクマおっさんさんのホンダ シビック EG6 SiR

テクニカのN1マフラーのテールにチタン風テールを被せてリベットにて固定。

見た目がいまふうになってgood♪

引用元:CARTUNE
シロクマおっさんさんのホンダ シビック EG6 SiR

APEXのアクティブサイレンサー。

アイドリングや低回転では静か。高回転で排圧が上がると中のスプリングが縮んで通路が開いて排気の抜けが良くなり音量も爆音に♪

いちいち付けたり外したりしなくて良いので便利ですね。

あっくんさんのホンダ シビック EG4

引用元:CARTUNE
あっくんさんのホンダ シビック EG4

タコ足を装着したシビック。とてもきれいです。エンジンルームの印象が大きく変わりますね。

シビックのステアリングカスタム例

マスコットさんのホンダ シビック EK4 SIR

引用元:CARTUNE
マスコットさんのホンダ シビック EK4 SIR

マスコットさんのホンダ シビック EK4 SIR。ステアリングをナルディに交換しています。赤いステッチが映えて、かっこいいですね。もう一つ気になるのは内装。ロールバーが入っていますね。サーキット、ジムカーナ仕様なのでしょうか。いずれにしてもロールバーとナルディステアリングの組み合わせは「競技車」というイメージを強めますね。