ランサーエボリューションのホイールカスタム特集!

2018年01月18日 (更新:2019年05月20日)

ランサーエボリューションのホイールカスタム特集!

labelランサーエボリューション labelホイール

驚異的な性能と迫力のルックスを持つ三菱のスポーツセダン、ランサーエボリューション。今回はそんな「ランエボ」のホイールカスタムを紹介します。

ランサーエボリューションってどんなクルマ?

引用元:https://cartune.me/notes/zSsxxBgZCw
CARTUNEユーザーエボ子さんのランサーエボリューションⅧ。外装はほぼ純正です。

今更説明はいらないよ・・・という人が多いかもしれませんが、ランサーエボリューション、通称「ランエボ」は三菱のスポーツセダンです。初代モデルは1992年に登場し、それ以来2016年に最終モデルとなる「ランサーエボリューション ファイナルエディション」の製造が終了したのちも、国産ハイパフォーマンスカーの一台として高い人気を誇っています。ラリー参戦のため開発されたランサーエボリューションの魅力はやはり4WDシステムと4気筒ターボエンジン、そして巧みな電子制御技術の融合が生み出す目を見張るような走行性能、そして空力性能を追求した結果生み出された、巨大なリアウィングに代表される大胆なルックスでしょう。今回はそんなランサーエボリューションの魅力を引き立てるホイールカスタムをCARTUNEユーザーの皆さんの投稿を使って紹介します。

ランサーエボリューションのホイールカスタム例

のすおぢさんのランサーエボリューションⅨとRAYS VOLKRACING TE37SL

まずはのすおぢさんのランエボⅨを紹介します。このランエボに組み合わされているホイールはレイズのVOLKRACING TE37SLです。走り向けのモディファイが主に行われているのすおぢさんのランエボですが、とても綺麗に仕上げられているためドレスアップカーとしても通用しそうです。そんなランエボに走り向けホイールの定番であり、かつシンプルで美しくデザインされたTE37が見事に花を添えていますね。

引用元:https://cartune.me/notes/5paqxWqIf3

ありきち。さんのランサーエボリューションⅤとENKEI WRC TARMAC EVO

細かい部分にも工夫が施されたありきち。さんのラリーレプリカ仕様のランエボⅤに組み合わされているのはエンケイのWRCターマックエボ。シンプルな5本スポークのこのホイールは、本物のランエボのラリーカーにも使われていたもので、定番アイテムに見えて実は意外と希少な、ランエボ乗り憧れのホイールです。それだけにやはりランエボ+ターマックエボという組み合わせは他にない特別感を生み出しています。

引用元:https://cartune.me/notes/u0XGZhAGKv

千葉かずさんのランサーエボリューションⅥとWORK EMOTION M8R

このランエボⅥでサーキットも走る千葉かずさんが街乗り用ホイールとしてチョイスされたのがワークエモーションのM8Rです。M8Rはどちらかというと性能を重視したホイールですが、8メッシュに深いテーパーが与えられたそのデザインはどこか高貴な美しさを持っています。機能を追求し、迫力あるルックスに仕上げたうえでこのホイールが組み合わされることで、千葉かずさんのランエボⅥは獰猛な中にも上品さを秘めた非常に美しいクルマとして仕上がっています。

引用元:https://cartune.me/notes/ce9oQ0O1CX

ランサーエボリューションのホイール、どう選ぶ?

ここまでCARTUNEの投稿の中からランサーエボリューションのホイール選びについて紹介してきましたが、結局どのようにランエボのホイールを選んで行けば良いのでしょうか。ここではホイールの種類に分けて解説します。

ランサーエボリューションの基本データ

と、その前にホイール選びの大前提となるランエボのホイールの基本スペックを確認しましょう。

  • ランエボⅠ~Ⅲのホイールは4穴でPCDは114.3、ハブ径は67㎜です。
  • ランエボⅣ以降はPCDとハブ径こそ変わりませんが、4穴ではなく5穴となります。

Ⅰ~Ⅲの場合、この穴数とPCDの組み合わせに合うホイールは比較的少ないのがホイール選びのネックとなります。実際にホイールを選ぶ場合はこれらのデータだけでなくオフセット等も重要となるので調べてみましょう。

スポーツ系ホイール

国産スポーツカーによく装着される、特にオンロードのスポーツ走行向けに開発された性能を重視したホイールで、レイズのVOLKRACINGシリーズやワークエモーションなどがこれにあたります。軽量で性能向上に貢献するのはもちろん、シンプルなデザインが主張しすぎずにレーシーな雰囲気を与えてくれるので、様々なカスタムと合わせることができます。

ラリー系ホイール

ラリー参戦のために生まれたランエボには実際にラリーに使われていたホイールがよく似合います。上に紹介したエンケイのWRCターマックエボやスパルコのラリースパルコシリーズ、OZのラリーレーシングなどがこれにあたります。ラリーレプリカ仕様には必須のアイテムですし、そうでなくてもホイール一つでラリーカーに近い印象を与えることができます。

その他

ランエボのホイールの仕様は上に述べたようにⅠ〜Ⅲ、Ⅳ〜Ⅹでそれぞれ共通なので、特にⅣ以降の世代については、比較的手軽に新しい世代のホイールを古い世代に流用したり、逆に古い世代のホイールを新しい世代に流用することができます。歴代ランエボにはエンケイやBBSといったブランドのホイールが純正で用意されてきたので、これらをうまく使うのも面白いでしょう。

終わりに

いかがでしたでしょうか。伝説的な国産ハイパフォーマンスカーの一台であるランサーエボリューションシリーズにもこのようにホイールカスタム次第で様々な印象を与えることができます。この記事が皆さんのカスタムの一つの参考となれば幸いです。